「ジャパンライフ被害110番」実施の御案内

 

既に報道されているとおり、ジャパンライフ株式会社(本社:東京都千代田区西神田2丁目8番5号)は、磁気治療器のオーナーになれば高い配当金が得られるなどとして高齢者を中心に多額の資金を集めましたが、消費者庁から4度にわたって行政処分を受け、今般、資金繰りに行き詰まり、銀行取引が停止されました。負債総額は2000億円を超えるものとみられます。

同社は、「レンタルオーナー制度」と称して、同社の高額の磁気製品を購入して同社に預け、レンタルすることで毎月レンタル料収入が得られる、解約すれば投資額は全額返金されるなどと説明し、高額の磁気製品を顧客に販売していました。しかしながら、消費者庁の調査によれば、実際には顧客に販売したはずの製品の8割程度が実在せず、また、平成28年度末において338億円という多額の債務超過であったことが明らかになりました。

それにも関わらず、同社は、事業実態が希薄であることや債務超過状態であることを隠して顧客への勧誘を継続し、多額の資金を集めました。これにより、支払った代金が返金されないなどの被害の訴えが、高齢者を中心に全国で相次いでいます。

こうした事態を受け、当会では、ジャパンライフによる被害者を対象に、下記のとおり、当会消費者問題対策委員会所属の弁護士による無料相談会を実施いたします。

 

名  称  ジャパンライフ被害110番

日  時  平成30年2月1日(木)午前10時~午後2時

場  所  香川県弁護士会館(高松市丸の内2-22)

相談方法  「面談」(予約制)及び「電話」(予約不要/当日お電話ください)

面談の予約先は 087-822-3693

相談電話番号は 087-802-5228 ※相談専用電話です。当日以外は繋がりません。

相談費用  無 料

主  催  香川県弁護士会